大阪ガン免疫化学療法センター(OCICC)/ 大阪がんクリニック/ 協林会/ 樹状細胞免疫療法懇話会 施設会員・日本ハイパーサーミア学会 認定施設

がんは、一つの治療法で治すことは困難です。当院では、免疫、温熱、抗がん剤、いずれの治療も可能です。免疫細胞は生きています。自分の施設で免疫細胞がつくれることが重要です。( 保険診療は大阪がんクリニックが、自由診療は当センター内の大阪がん免疫化学療法クリニックが担当しています。)
トップページ
免疫療法について説明します。
温熱療法について説明します。
化学・薬物療法について説明します。
センターの治療理念
治療症例と効果
当センターのドクターを紹介します。
治療に関する費用はこちらから。
当センターのドクターによる講演、論文、およびメディア掲載の履歴です。
地図のページです。当センターへお越しになる際にご参照ください。
福岡がん総合クリニック
ビオセラクリニック
体にやさしい治療をめざしてアクセス・診察時間
免疫療法・温熱療法はからだにやさしい癌治療。つらくなった抗癌剤の副作用を軽減し、効果を増強します。
免疫療法・温熱療法は、がんの標準治療を熟知したうえで施行しなければ効果がマイナスになることもあります。あなたの免疫担当医はがんの専門医ですか?ほとんどの免疫施設に常勤のがん専門医がいないのが実状です。各種がん治療を熟知した「認定医・専門医」が施術しているのが当センターの特徴です。
他施設とことなり「手術室・化学療法室」もそなえ、「CT・内視鏡・超音波」の検査もできるので安心です。大学などと連携をとりながら、標準治療の専門医によるフォローも可能な施設です。検査室・手術室はこちら
抗癌剤はもちろん最新の分子標的治療、注目の免疫チェックポイント抗体(免疫チェックポイント阻害薬)も当院なら可能です。
『大阪大学外科免疫研での初の免疫細胞療法から30年、日本で最も長い経験と技術をもつ施設の一つです』詳細はこちら
インフォメーション
当院の免疫細胞療法は、2015年から再生医療新法により新たに必要となった
厚生労働省への届出、認定、 受理の全ての手続きが完了しています。

◆ 10月1日 当院は、近傍(500m)に新築移転しました → 詳細はこちら ◆
最新の免疫療法・温熱療法・注目の抗体療法の説明見学会
   
他院で無効例でも、当院の樹状細胞腫瘍内投与なら有効です。当施設では高い技術を持った認定医と専門医が投与しています。→詳細はこちら

当院では他院とことなり有効性を多くの学会で発表のうえ論文にして発表しています。インターネットに記載するだけでは信用性がないからです。
2016.7 武田総院長が大阪大学大学院医学研究科の招聘教授に就任しました。  NEW
2016.6 京都で関西ハイパーサーミア研究会がひらかれ、温熱療法に関して佐藤光幸が、免疫療法について服部宜明が発表し、武田総院長が座長をつとめました。  NEW
2016.6 東京で日本乳癌学会がひらかれ、武田院長が乳癌に対する温熱免疫療法の有効性について発表しました  NEW
2016.5 川越で癌免疫外科研究会がひらかれ、院長が保険適応外患者の免疫チェックポイント薬使用に関して発表しました。→詳細はこちら  NEW
2016.3 京都府立医科大学講堂にて、院長が「免疫療法・温熱療法・免疫チェックポイント薬」について講演を行いました。→詳細はこちら  NEW
2016.2 ABCテレビ「キャスト」に武田院長が出演し温熱による癌免疫の上昇について話しました。→詳細はこちら  
2015.12 12月2-4日に川越で第28回日本バイオセラピィ学会が開かれ、評議員の院長が「免疫療法」についての発表をし、座長もつとめ「免疫チェックポイント阻害剤」についての発言とディスカッションを行いました。→詳細はこちら  
2015.11 11月28日に大阪で第13回近畿乳癌学会がひらかれ「乳癌治療における温熱療法と免疫療法」について発表を行いました。→詳細はこちら  
2015.10 10月31日に大阪にて第11回公開セミナー「がん治療最前線」が180名の方を集め当院主催で行われました。チェックポイント阻害剤をふくめた最新のがんの集学的治療について講演されました。→詳細はこちら
2015.9 9月19日に名古屋市大、大講堂にて第6回日本放射線ホルミシス協会講演会がひらかれ、武田総院長が「ガンの免疫療法」について特別講演を行いました。→詳細はこちら
2015.9 9月5-7日に大阪で第32回日本ハイパーサーミア学会大会は開かれ、武田総院長が学会監事に選ばれました。シンポジウムで「温熱療法による免疫療法の増強」に関して講演した。→詳細はこちら
2015.6 6月20日に神戸で第17回関西ハイパーサーミア研究会が開かれ、培養部部長の服部宣明が温熱療法と免疫療法の安全性と有効性について講演し、特別奨励賞をいただきました。→詳細はこちら  
2014.12 12月4日に大阪で第27回日本バイオセラピィ学会学術集会総会が開かれ、武田総院長が「どのような癌にどのような免疫療法、温熱療法が有効か」を発表し、座長もつとめました。 →詳細はこちら
2014.10 当院から進行再発の各種癌および卵巣癌、子宮癌、頭頸部癌にたいする温熱・免疫療法の3論文が「癌と化学療法」に掲載されました →詳細はこちら  
2014.9 第6回アジアハイパーサーミア腫瘍学会において免疫・温熱療法について発表しました。 →詳細はこちら  
2014.7 第22回日本乳癌学会において進行再発乳癌(181例)にたいする免疫療法、温熱療法の有効性について報告しました。 →詳細はこちら  
2014.6 膵癌。Stage IVの進行した多発再発膵癌に樹状細胞療法を施行し7年間にわたり元気に生活できている症例について発表しました。→詳細はこちら  
当院院長は日本の癌免疫療法の最高学会である日本バイオセラピー学会と温熱療法の日本ハイパーサーミア学会より重要案件を討議する役員として評議員を委嘱されました。日本の免疫療法と温熱療法を代表する両学会の評議員をつとめるDrは初めてです。
大阪ガン免疫化学療法センターは施設内に最新の免疫細胞培養設備と温熱ハイパーサーミア装置を備え、「樹状細胞ワクチン、活性化リンパ球γδ、NK細胞」の最新の免疫療法を中心に、温熱療法、抗癌剤治療をふくめた集学的な癌治療を、患者様のQOLを大事にしながら、個々の患者様にあった治療法を施行しています。最新の分子標的治療や低線量放射線(ホルミシス)も可能です。

癌が再発してしまった時、使える治療法は?

手術・抗癌剤・放射線が癌の3標準治療ですが、それだけでは癌をおさえる事ができないことも多く、免疫療法や温熱療法を併用して治療効果があがることが実証されています。とくに再発時には標準治療が使えないことが多く、免疫・温熱療法がより重要です。ただし適切な免疫・温熱療法を行うには、標準治療の経験が豊富な医師がしなければいけません。温熱・免疫・化学療法をあわせて施行することにより有効率は上昇しますが、併用する順番・タイミングが重要です。それを誤れば効果がえられない場合もあるので、そのコーディネート(統合)をする医師が重要です。癌の専門医をもちながら免疫療法、温熱療法の認定評価をうけた医師が施行すべきですが、そういう医師が少ないのが問題です。当施設では大学病院で手術・抗癌剤の治療に専任していた医師が免疫・温熱療法の認定・評価をうけて施行しています。

この治療理念を大切にして、東京のビオセラクリニック福岡の福岡がん総合クリニックとともに樹状細胞免疫療法懇話会を設立しています。
  検査室・手術室  Lab and Operating Room

安心して治療をうけるためには体調の管理と効果の評価が必要です。当センターでは検査部門として、CT,X線、MMG、骨塩定量、超音波、内視鏡をそなえ、診療放射線技師、臨床検査技師が常駐していますので安心です。総院長は内視鏡の専門医の資格を持っています。他の施設ではこの部門を備えていません。

万一体調が急変したときのためや癌組織を採取するために、当センターでは手術室、心肺蘇生器機も備えています。総院長は癌と外科の専門医である上に、救急医学の専門医と麻酔科の資格も持っていますので安心です。
がんと闘う 温熱療法と免疫 日本の温熱療法の創始者で百万遍ネットでも有名な菅原努先生の著書「がんと闘う 温熱療法と免疫」が出版されました。院長は最新の「免疫温熱療法」について述べています。
詳細はこちら
ハイパーサーミアがん温熱療法ガイドブック 日本ハイパーサーミア学会編集、毎日新聞発行の「ハイパーサーミアがん温熱療法ガイドブック」が発行されました。当院院長は「免疫療法との併用」を執筆しています。温熱療法の基礎から臨床までを網羅した教科書です。
免疫温熱療法が有効であった症例 がんの温熱免疫療法の解説書ができました。当院院長は「免疫温熱療法が有効であった症例」を執筆しています。 名医がすすめる最高の「がん名医」550人 当院と共同で樹状細胞免疫療法懇話会を設立しているビオセラクリニックの谷川啓司先生が掲載されました。その中で当院を推薦しています。
イカロスMOOK 乳がん「最新治療法」表紙画像 詳細はこちら 日経BPムック「乳がん」表紙画像 詳細はこちら
ページトップへ
中文 当センターについて 総院長のプロフィール
ABCテレビ「キャスト」に武田院長が出演しました
樹状細胞免疫療法懇話会 本年は「第11回癌治療最前線」が当院主催で開催されました
ペプチドワクチン療法を応援しています